Les rideaux clandestins / theatre clandestins of kilk store

kilklogo.png

Les rideaux clandestins / theatre clandestins リドー・クランデスタン / テアトル・クランデスタン

恐ろしくはずれたセンスを持った日仏錬金サイファイPOPSユニ ット"リドー・クランデスタン"
裏日本の音楽史を揺るがす強烈なデビュー作がドロップ!

゚リ在住の日本人UFOと京都在住のKRenによる"リドー・クランデスタン"。 「漂流する船内で鳴り響く印象派的かつコミカルなアコースティック演奏と、シュールでリズミカルなノイズのきいた電子音楽。それらがごちゃ
混ぜになり、ラジオの電波に乗り世界中へと発信されている様子を地下のカーテン(les rideaux clandestins)越しに覗き見している、秘密の祭 りのようなアルバム」。メンバーの一人KRenが本作を形容しているこの言葉。理解したければまずこのアルバムを聴いてほしい。 色々なジャンルの要素が詰まっていながら、あくまでポップで親しみやすい仕上がり。UFOによるフランス語のヴォーカルの響きが、不思議な ムードを一層引き立たせている。正に唯一無二なサウンドであるが、強いて現代のバンドで近いものを挙げるとするなら、Animal Collective のPanda BearやBooksやPastacasなどであろう。他にもドビュッシー、Arthur Russell、宮川音頭、Black Dice、Magma、Nino Rota、Fatboy Slim 、Hermet Pascuol、Stars Of The Lidなどから影響を受けたという彼ら。やはり一筋縄でいかない。この素晴らしいバランス感覚こそが、リドー・ クランデスタンの強みだと思う。この作品を聴いたあなたは、この音楽がここ日本で生まれたという事を嬉しく思わずにはいられないはずだ。

商品番号:KLK-2005S

商品名:Les rideaux clandestins / theatre clandestins リドー・クランデスタン / テアトル・クランデスタン

通常価格:2,037円 (税込)

購入数量



Les rideaux clandestins
リドー・クランデスタン

2008年 美術/音楽/舞台芸術ユニット『荒野の幕間』を母体にパリ出身のUFOと日本人KRenにより結成される。

ハードコアノイズバンドを経て美術アーティスト活動もするKrenによる美術制作、舞台演出、詩、ローファイギター演奏、エレクトロニクス、プログラミング、フィールドレコーディングなどとUFOによる自作打楽器、ラップ、タップダンス、ピアノなどをもちいた、UFOによる印象派的な「風景を描く音律とリズム」とあくまでサイケポップなKRenのエレクトロニクコントロールによる不協和音やノイズ、即興性、POPさを組み込む事によって、ありそうな風景の中の「ズレ」を常に念頭におきコミカルでシュールレアリスティックな風景をうつし出すことを試みている。あるいは日仏錬金サイファイポップと訳せるのかもしれない。

様々なゲストを交えながら電子楽器と生楽器るの組み合わせによるLes rideaux clandestins(地下のカーテン)のような音楽を形成する。

アーティスト写真 (2).jpg

関連する商品